RSS | ATOM | SEARCH
決意
先週“お菜あらい”(野沢菜を漬ける)を終えて、
とうとう師走がやってきたなーと実感。
年々、一年があっという間に過ぎてしまうような気がします。

今年は本当にいろいろな事がありました。

一番は3月11日の福島での大震災。
私たち家族は東京でこの大地震に合いました。震源地からは離れていたとはいえ、これほどの揺れを体験したのは初めて。子ども達も怖い思いをしたようです。
今でもお兄ちゃんは地震警報が入ると「ママ、ママ、たいへん!!!」と駆け寄ってきます。ちび子は天気予報をテレビで見ると「じしんどこ?」って聞いてきます。
うちの子でさえこんなに地震に敏感になっているのですから、東北で被災した子ども達はなおさらのことでしょう。


私にも何かできることはないか、ずっと考えてきました。


 子育て中の私は被災地へボランティアに行くことはできませんから、わずかな額ですが、義援金を寄付してみたりもしました。
でも、なにか、なにかと思いつつ、日々の慌ただしさでバタバタと流される毎日。
あんなに多くの被害者を出した大震災なのに、今でも日本は原発での放射性物質に脅かされているというのに、毎日の生活で精一杯。
毎日を一生懸命生きることも、もちろん大事ですが、私は一応「表現する」という手段をもっているのだから。。。。



 でも、子どもを生んで育てていくうち、3年前に大学の同級生が3歳の息子を残して亡くなってしまったこと、そしてこの東北大震災に合ってから、私の中ではっきりと自覚したことがあります。



私はやっぱり「絵本をつくりたい」と。



次世代である子ども達が、目をきらきらさせてくれるような絵本を!
それを読んだ子がまた自分の子どもに読んであげたいと思うような絵本を!


 何年も前から心の奥底ではずっと抱き続けてきた思いではあるのですが、今まで、絵本美術館という職場にいたり、実際絵本をつくっている友人が周りに多くいる中で、なんとなく恥ずかしくて大きな声では言えませんでした。でも今日は、あえて大きな声で言おうと思います。

これから版画という手段を使った「絵本作家」として表現活動していきたいと思います!


私が絵本が出したからといって、たいして世の中に影響がないかもしれませんが、
私のこんな小さな決意が、いずれ日本の子ども達、世界の人達のためになると信じて、これから精進していきたいと思います!

まだ、一冊も自分の絵本出してないけど、
コダイラ、おおきくでました〜〜 f(^ー^; 


 口だけではいけないので、まずは今年中になにかアクションを起こす!という決意をして、ずっと考えながらもかたちにできなかった絵本の企画を、絵本ラフにして先月某出版社に持って行きました。
 こんな中途半端な状況で持って行って失礼かとも思ったのですが、昔から私のことをよく知る絵本編集者Kさんに、どこをどうしたらいいのかアドバイスを受けようと、図々しくも絵本ラフとその中の絵を2点描いて持って行きました。
 Kさんはずいぶん偉くなってしまって今は現場にいないとのことで、担当の編集者の方もご紹介頂きました。
具体的にたくさんのアドバイスを頂き恐縮してしまいました。

まあ、じぶん、まだまだですね〜〜。もっと推敲と努力が必要ですね〜。

折角頂いたアドバイスを無駄にしないためにも、もっともっと考えて、描いては消し描いては消しを繰り返して、
また見て頂こうと思ってます。

まずは「はじめの一歩」

来年の私のテーマは「情熱」です。(^_^;) 
しつこいって思われても頑張りま〜す。

以上、私の今年最後の「決意表明」でした。


さてさて、まずは今年の残りの細々とした仕事を少しずつかたづけなければ!

皆さんも体調に気をつけて!



 1)  2)

 3) 4)

1)このあたりでも「漬け物名人」と呼ばれるお義母さん。毎年少しづつ習って、私もいつかおいしい漬け物を漬けられる信州人を目指しまーす。
2)チビ助さん、4歳になりました〜〜。
3)、4)チビ達連れての帰省中に、新横浜の「あんぱんまんミュージアム」に。ここにはうまいこと親たちがお金を落とすような仕組みができているのですね。ジャムおじさんのパン屋さんのパンはひとつ300円(^0^;)、でもかわいいのでついついいろいろ買ってしまって。。。でも子どもが喜んでるからいっか。。。(>_<)ゞ


author:hanga-hiyori, category:制作のこと, 10:21
-, -, - -