RSS | ATOM | SEARCH
「空展」も終わって。。。
 6月3日でアトリエ宇-sora-での「空展」終了しました。
お忙しい中、お越し頂いた皆様、本当にありがとうございました!

会場が自宅から近いので、親戚、友人、多くの方に来て頂きました。
グループでの展示は過去にあまりしたことがなく、
勉強になることがたくさんありました。

さて、「空展」も終わったことですし、
次は8月の東京での個展に向けて制作をがんばらねば!
木口木版を少し離れて、イラストを描いてみようと思います。


そうそう、最近わたくし、ビーバー(草刈機)デビュー致しました。
義母が腰が弱くなってしまったのと、下の娘が保育園へ通い出したので、
そろそろやらなくてはいけないかな〜というわけです。
ちょっとやってみたいという興味もあったし、
「晴耕雨彫」って目標とするところですし、
まずは手始めにビーバーデビューです!

 


うん、これは、夢中にさせるなにかがありますね。。。
1回しかしてないから、えらそうなこといえないけど、
この夏稲刈りまで、少しは様になるようにやってみまーす!



お兄ちゃんも先日、補助輪なしデビューです。
慎重派の長男君、道のりはまだまだ長い。。。
親も子も根気がいりますね。




最近がんばる長男君、ママの早朝ジョギング(10分程度だけどね)についてきてます。
私はできればひとりで走りたいので、わざわざ起こさないのに、
自然と5時15分には起きてきます。
1週間ほど続いているけど、いつまで続くかな?
ちなみに娘は一日坊主でした〜〜(^0^;)



author:hanga-hiyori, category:制作のこと, 09:47
-, -, - -
soraの空展はじまります。
 4月26日(金)から、安曇野の穂高にあるアトリエ宇-sora-にて、
「空」をテーマに、木、ガラス、再生紙、鉄、写真など、様々な作家の作品が展示されます。
私もその「空展」に、新作木口木版作品を6点展示致します。

昨日今日と、その「空展」の飾り付けでした。
それぞれの作家のいろいろな「空」がギャラリーいっぱいに広がり、
とても心地の良い、素敵な空間になりましたよ。

  

 


**************************

soraの空展 vol.2

2013年4月26日(金)〜6月3日(月)

アガタミズエ(写真)、浅妻克枝(ガラス)、aya(写真)、小平彩見(版画)、
柴崎智香(鉄)、松原幸子(ガラス)、森友見子(再生紙)、宇田川隆(木工)

アトリエ宇-sora-
〒399-8303 長野県安曇野市穂高有明8172-3
鷙 0263-88-5539 火曜日定休





**************************


安曇野の「空」を感じに、是非おでかけください。




author:hanga-hiyori, category:制作のこと, 23:09
-, -, - -
常に頭の中に・・・
いつものまにか
安曇野の空は秋の色に変わってました。
田んぼを渉る風も秋のかおり。。。。

もうすぐ稲刈りです。


さて、今年に入ってから取り掛かってきた絵本のラフ案。
先日2作目を知人の編集者や絵本評論家の方々にお送りして、
厳しいご意見をいろいろと頂きました。

中途半端な内容でお見せするのは失礼ではないかと躊躇しましたが、
思い切ってご意見を頂いて本当によかったです。
これからの絵本作りや版画制作の指針となりました。


改めて、
まだまだ勉強不足だな〜と痛感。
要は、まったく推敲が足りないと言うことです。

今まで子育てと日々の生活の中でどれだけ制作時間をとれるか、
どれだけ手を動かしていたかということばかりを考えてきたけれど、
実は、どれだけそのことについて「考えていたか」ではないかと、
最近思い直した。

先日、元仕事の先輩と話をしている中で、
「考えて、考えて、考え通すと、答えが夢に出てくる」と言っていた。
夫も、週末はゴロゴロパパになっているけれど、
お昼寝していたかと思うと突然むくっと起きて、メモ帳に何か走り書き。
聞くと「急に仕事のヒントが浮かんだ」と。


お二方は作家さんではありませんが、
世間はどういうモノを求めているのか、
どうしたらモノが売れるのか、ということを日頃から考えている。

すごいな〜。
私なんて呑気な夢ばかりだよ。
そう言う意味でも、私はまだ全然ですね。。。
夢に出るくらいとことん考えないと、
人の心を動かすようなものはつくれませんね。

でも、子育てしていると、
ママモードや妻モード、たまに嫁モードもONしなきゃだし、
いつも作家モードONってわけにはいかない。

難しいけど、、、、
せめて心のアンテナは常にONにしていよう。
アンテナの本数を増やして感度を上げて、
受診したらすぐメモするくらいはやらないと。



一途に、一心に。
明日をつむぐ


NHK「プロフェッショナル」での心臓外科医の天野さんの言葉です。
最近この番組を見てとても感動してしまいました。
こんな気持ちで自分の仕事に向き合おうと思いました。



気を抜くと呑気に過ごしてしまう安曇野生活。
絵本制作に取り組むので今年は個展はしないと決めてましたが、
来年は東京で個展をすることにしました!

ものすごく木口木版で制作したくなったので、
久しぶりに(6.7年ぶり?)に材料を出して取り掛かってます。

木口木版は木を輪切りにカットした版木に、
ビュランという彫刻刀で彫っていきます。
いわゆる、皆さんご存じのベニアの板目の木版画よりも細かい表現ができます。



こんな感じです。
とっても久しぶりなので、手順の確認やら画材のチェックで大変だけど、
ちょっとわくわくしてます。




author:hanga-hiyori, category:制作のこと, 10:53
-, -, - -
ちひろ公園イラストマップ!
 知らない間に梅雨入り。。。。
この週末も雨のようですね。

でも、最近は週末に雨が降るとちょっとほっとする。
山に、薪の調達にいかなくてもいいので。f(^ー^;
最近暑くなってきたし、一日作業すると、もうくったくたなんですよ〜〜



さて、ご報告が遅れましたが、ちひろ公園イラストマップ仕上がりました。

(画像クリックで拡大します)




こーんな感じでございます。

情報が多かったので、私自身の個性はあまり出せませんでしたが、
かわいらしく、楽しい雰囲気に仕上がったので、
今回はまあ、よしということにしようかな。(^。^)

ちひろ美術館のある松川村のちひろ公園は、
北アルプスと田園風景を望める最高の場所。
公園内には小川や池があり、子ども達は水遊びできゃあきゃあ言って大喜び!
着替えの服は必須アイテムですね。
散々遊んだ後は、すぐ隣にある温泉でゆっくり疲れを落とす。


元、ちひろ美術館の職員だからってわけではないけれど、
やっぱり安曇野へ来たら、安曇野ちひろ美術館とちひろ公園はイチオシですね。
「安曇野」らしさが一番感じられるところです。(じつは安曇野市ではありませんが)
週末は多少混雑してますが、午前中の早い時間は狙い目です。
ぜひお出かけ下さい!


それにしても、これ、久しぶりのお仕事。
ありがたいっ。(T_T)


自分の制作を地味〜に、コツコツとやってますが、
本当に意味のある仕事をしているんだろうかと、ふと不安に襲われる。

やっぱりお金を頂けるお仕事、たまにはしたいっス。
なんか、こう、充実感が違います。


author:hanga-hiyori, category:制作のこと, 10:35
-, -, - -
決意
先週“お菜あらい”(野沢菜を漬ける)を終えて、
とうとう師走がやってきたなーと実感。
年々、一年があっという間に過ぎてしまうような気がします。

今年は本当にいろいろな事がありました。

一番は3月11日の福島での大震災。
私たち家族は東京でこの大地震に合いました。震源地からは離れていたとはいえ、これほどの揺れを体験したのは初めて。子ども達も怖い思いをしたようです。
今でもお兄ちゃんは地震警報が入ると「ママ、ママ、たいへん!!!」と駆け寄ってきます。ちび子は天気予報をテレビで見ると「じしんどこ?」って聞いてきます。
うちの子でさえこんなに地震に敏感になっているのですから、東北で被災した子ども達はなおさらのことでしょう。


私にも何かできることはないか、ずっと考えてきました。


 子育て中の私は被災地へボランティアに行くことはできませんから、わずかな額ですが、義援金を寄付してみたりもしました。
でも、なにか、なにかと思いつつ、日々の慌ただしさでバタバタと流される毎日。
あんなに多くの被害者を出した大震災なのに、今でも日本は原発での放射性物質に脅かされているというのに、毎日の生活で精一杯。
毎日を一生懸命生きることも、もちろん大事ですが、私は一応「表現する」という手段をもっているのだから。。。。



 でも、子どもを生んで育てていくうち、3年前に大学の同級生が3歳の息子を残して亡くなってしまったこと、そしてこの東北大震災に合ってから、私の中ではっきりと自覚したことがあります。



私はやっぱり「絵本をつくりたい」と。



次世代である子ども達が、目をきらきらさせてくれるような絵本を!
それを読んだ子がまた自分の子どもに読んであげたいと思うような絵本を!


 何年も前から心の奥底ではずっと抱き続けてきた思いではあるのですが、今まで、絵本美術館という職場にいたり、実際絵本をつくっている友人が周りに多くいる中で、なんとなく恥ずかしくて大きな声では言えませんでした。でも今日は、あえて大きな声で言おうと思います。

これから版画という手段を使った「絵本作家」として表現活動していきたいと思います!


私が絵本が出したからといって、たいして世の中に影響がないかもしれませんが、
私のこんな小さな決意が、いずれ日本の子ども達、世界の人達のためになると信じて、これから精進していきたいと思います!

まだ、一冊も自分の絵本出してないけど、
コダイラ、おおきくでました〜〜 f(^ー^; 


 口だけではいけないので、まずは今年中になにかアクションを起こす!という決意をして、ずっと考えながらもかたちにできなかった絵本の企画を、絵本ラフにして先月某出版社に持って行きました。
 こんな中途半端な状況で持って行って失礼かとも思ったのですが、昔から私のことをよく知る絵本編集者Kさんに、どこをどうしたらいいのかアドバイスを受けようと、図々しくも絵本ラフとその中の絵を2点描いて持って行きました。
 Kさんはずいぶん偉くなってしまって今は現場にいないとのことで、担当の編集者の方もご紹介頂きました。
具体的にたくさんのアドバイスを頂き恐縮してしまいました。

まあ、じぶん、まだまだですね〜〜。もっと推敲と努力が必要ですね〜。

折角頂いたアドバイスを無駄にしないためにも、もっともっと考えて、描いては消し描いては消しを繰り返して、
また見て頂こうと思ってます。

まずは「はじめの一歩」

来年の私のテーマは「情熱」です。(^_^;) 
しつこいって思われても頑張りま〜す。

以上、私の今年最後の「決意表明」でした。


さてさて、まずは今年の残りの細々とした仕事を少しずつかたづけなければ!

皆さんも体調に気をつけて!



 1)  2)

 3) 4)

1)このあたりでも「漬け物名人」と呼ばれるお義母さん。毎年少しづつ習って、私もいつかおいしい漬け物を漬けられる信州人を目指しまーす。
2)チビ助さん、4歳になりました〜〜。
3)、4)チビ達連れての帰省中に、新横浜の「あんぱんまんミュージアム」に。ここにはうまいこと親たちがお金を落とすような仕組みができているのですね。ジャムおじさんのパン屋さんのパンはひとつ300円(^0^;)、でもかわいいのでついついいろいろ買ってしまって。。。でも子どもが喜んでるからいっか。。。(>_<)ゞ


author:hanga-hiyori, category:制作のこと, 10:21
-, -, - -